スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「空色パンデミック1 」(ファミ通文庫) 本田誠

空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田誠

商品詳細を見る



内容(「BOOK」データベースより)
「見つけたわよ、ジャスティスの仇!!」「…はい?」高校受験の朝、駅のホームで僕はその少女と出逢った。彼女―結衣さんは“空想病”。発作を起こすと正義の使者とかになりきってしまうらしい。以後なぜか結衣さんは何かにつけ僕の前に現れる。空騒ぎに付き合ってられない。最初はそう思っていた。彼女を守るため世界を敵にまわして戦うことになるなんて、思いもしなかった―。えんため大賞優秀賞受賞、狂騒と純真の「ボーイ、ミーツ、空想少女」。



すごく突飛な設定なのに読み始めるとグイグイと物語の亜空間に引きずり込まれる……しかもそれが気持ちいい。そんな感じの作品。しかし空想(妄想)を題材にここまでの作品をよくぞ作り上げたものだ。しかも「空色パンデミック『1』」ということは次回作もあるってこと? こんだけ空想の風呂敷を広げておいてまだ広げる余地があるとは……。次回作にも期待してしまうではないか。

もしアニメ化されたら、高飛車ながら精神的な脆さも垣間見せる結衣さんは平野綾、巻き込まれタイプの主人公、景は下野紘といったところか。そして女装好きキャラの青井! 迷うところだが三瓶由布子か沢城 みゆきの二択のような気がする。
スポンサーサイト

「ココロコネクト ヒトランダム」 (ファミ通文庫) 庵田定夏

ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
庵田定夏

商品詳細を見る



内容(「BOOK」データベースより)
文研部に所属する五人、八重樫太一・永瀬伊織・稲葉姫子・桐山唯・青木義文は、奇妙な現象に直面していた。前触れなく起こった青木と唯の“人格入れ替わり”。それは次々と部員全員に襲いかかり、彼らを異常な日常に放り込む。戸惑いつつもどこかその状況を楽しむ太一たちだったが、心の連鎖は彼らの秘めた心の傷をも浮かび上がらせ…。平穏が崩れたその時、五人の関係は形を変える!第11回えんため大賞特別賞受賞作品、愛と青春の五角形コメディ。



この作品が他の『人格入れ替わりモノ』と違う点は、入れ替わりが一対一で行われるのではなく、高校生の男女五人の間でランダムに行われるというところにある。斬新だ。あらすじを読んだだけで「どうなっちゃうんだろう感」がいやがおうにも高まる。

ラノベなのでどぎつい表現はないものの、「これ大人の男女5人で起こったらどんだけ修羅場になるんだ?」とアナザーストーリーを逆に妄想してしまう、自分にとってはかなり危険な作品だった。漫画家のTAGROさんがこの物語を18禁設定で描いたらきっとものすごくエログロなものができるのだろう。

他のレビューで書いている人も多いが、この作品のイラストを担当している白身魚さんの描く女の子が非常に可愛い! 噂によると某・○アニのアニメーターさんなんだとか。そういわれるとなんとなく絵柄が「け○おん!」に似ているような……。


もしアニメ化されるのならば、無表情だが実は熱い男の八重樫太一の声は中村悠一、クールでみんなのまとめ役、Sっ気たっっぷりの稲葉姫子は坂本真綾でお願いしたいものだ。桐山唯は釘宮理恵だな。手乗りタイガーっぽいし。


変ゼミ 1 (モーニングKC)変ゼミ 1 (モーニングKC)
(2008/07/23)
TAGRO

商品詳細を見る

「バカとテストと召喚獣 」(ファミ通文庫)  井上 堅二

バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)
(2007/01/29)
井上 堅二

商品詳細を見る



内容(「BOOK」データベースより)
「こんな教室は嫌じゃああっ!!」アホの明久は叫んだ。ここ文月学園では、進級テストの成績で厳しくクラス分けされる。秀才が集まるAクラスはリクライニングシートに冷暖房完備だが、彼のいる最低Fクラスの備品はボロい卓袱台と腐った畳だけ。明久は密かに憧れる健気な少女・瑞希の為、組代表の雄二をたきつけ対クラス戦争を始める。それは学園が開発した試験召喚獣を使い、上位の教室を奪うという危険な賭けだった!?第8回えんため大賞編集部特別賞受賞作。



タイトルに偽りなし。バカ!愛すべきバカ。
特に主人公の吉井明久のバカセンスは秀逸。
エッヂの効いたボケとウィットに富んだ切り返しは「コイツホントにバカなのか?」と思わせるほどだ。
最後のオチはアニメで先に見てしっていたのだが、知らなかったら爆笑必至だった。

あと「うん。このくらいならなんともいだぁつ!」等の普通に話していて急に殴られたりして痛がるセリフまわしが斬新。思わずどこかで使いたくなる。

神と世界と絶望人間00‐02―雷撃☆SSガール〈2〉 (講談社BOX) 至道 流星

神と世界と絶望人間00‐02―雷撃☆SSガール〈2〉 (講談社BOX)神と世界と絶望人間00‐02―雷撃☆SSガール〈2〉 (講談社BOX)
(2010/02/01)
至道 流星

商品詳細を見る



内容(「BOOK」データベースより)
米・スタンフォード大学で社会心理学の研究を続けていた桜井海斗は、ブランフォート財閥の「世界政府統一プラン」に巻き込まれたせいで父を殺され、すべてを失ってしまう。だが、孤独と絶望の中にいた彼は、“リザ”という謎めいた天才少女との出会いによって、ブランフォートへの壮大なる復讐を誓う。




ラノベの皮った経済小説、電撃SSガールの続編・・・・・・とは厳密に言うと違う、スピンアウトといった感じか。

本作では近現代の経済史を織りまぜながら、SSガールでリンたちの敵として登場した「ブランフォート財閥」がいかにして世界を牛耳ろうとしているのかをにフォーカスをあてている。

基本的に話の内容が復讐劇なので、前作よりはややシリアス。
しかしそこはラノベ風な登場人物のキャラ設定でで重くりすぎないように調整されている。

主人公の一人でリザが前作の主人公、リンに比べてイマイチキャラ立ちしていないような気もするが、きっと3月1日に出る下巻で大暴れしてくれることだろう。


また2月中旬にSSシリーズとは別物の至道先生の新作羽月莉音の帝国 (ガガガ文庫)が出るらしいので、これも読んでみたい。

デブでした。 目標を決めない「なんとなくダイエット」で劇的変身!"  パパイヤ 鈴木

デブでした。 目標を決めない「なんとなくダイエット」で劇的変身!デブでした。 目標を決めない「なんとなくダイエット」で劇的変身!
(2010/01/26)
パパイヤ 鈴木

商品詳細を見る



万年ダイエッターの私がこんなタイトルの本を書店で見かけて買わないワケがないッ!(笑)


かつては「トマトだけ食べて1ヶ月で20キロ落とす」みたいな過酷なダイエットをしてはリバウンドを繰り返してきたパパイヤ鈴木。

そんな彼が最終的に行き着いたダイエット法は「がんばらないで日頃のちょっとしたことを見直ししていく」ことだった。

元・デブタレだけあって、デブのかゆいところに手が届くエピソードが満載。

ダイエットとは期限を決めてやるものではなく、生活の一部としてなんとなく取り入れるのが大事なのだとあらためて実感した。



「ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート」森田季節

ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫J)ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫J)
(2008/09)
森田 季節

商品詳細を見る




人の記憶を食らう「タマシイビト」。

タマシイビトに殺されるためだけに存在する「イケニエビト」。

イケニエビトの存在はタマシイビトに殺された時点で人々の記憶から一切消え去る。

数年後イケニエビトはまた生き返り、別人として日常に溶け込む。

そしてイケニエビトの記憶がいっぱいになると再びタマシイビトがそれを食らいにくる・・・・・・。



そんな残酷なループの中に自分から足を踏み入れてしまった二人の男女。

大切な友人であるイケニエビトの少女を救うために。

もしタマシイビトから守れないならば自分たちの手で彼女を殺すために。

なぜなら、イケニエビトをその手で殺した人間だけがその存在を憶えていることができるから。



イケニエビトは歌を歌う。イケニエビトの歌を。

自分がまた殺されて、人々の記憶から消し去られても、歌だけはきっと残るから。






と、まぁこうやってあらすじ的なものを書いてみるとシリアスで暗い感じのホラーのように思えるかもしれないが

全体的にサラリとした印象で、ストレスなく読み進めることができる。

暗くなりがちな題材をサクっと読ませる文体ということでいうと野村美月の「文学少女シリーズ」に通じるところがあるかも知れない。

あと、殺した少女が再び生き返るというゾンビ的設定は大槻ケンヂの「ステーシー」 を連想させる。

実際、「ステーシー」ばりのグロいホラーものだろうと少し身構えて読み始めたのだが、

そこはさすがにラノベ。決して甘くはないが爽やかな読後感を残してくれた。


FC2カウンター
読みたい本をサーチ!
あまぞんさんのオススメ
QRコード
QRコード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。