FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「“文学少女”と死にたがりの道化」 野村 美月・著

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
(2006/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


物語が大好きで、文章が書いてある紙ごとぱりぱりと食べてしまう「文学少女」天野遠子と彼女のために「おやつ」の物語を書き続ける文芸部の後輩、井上心葉。

二人のもとへ自分の恋を叶えてもらうべく、意中の相手へのラブレターの代筆を依頼する少女。

序盤は恋愛ものの雰囲気甘い雰囲気が漂っているものの

太宰治の「人間失格」をモチーフにした本作は徐々にシリアスな展開を見せ、秘密を抱えた人間たちの孤独をゆっくりと照らし出す。



地の文がとても静かで透き通った印象。

遠子先輩と同じくすみれ色のイメージ。

それに反して遠子先輩と心葉くんのやりとりはとてもコミカルで、暗くなりがちな物語の中のちょっとした箸休めになっている。


自分が遠子先輩に「おやつ」を書いたらどんな味がすると言ってくれるのだろう。

そんなことをふと妄想してしまう作品だった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
読みたい本をサーチ!
あまぞんさんのオススメ
QRコード
QRコード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。