FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バカとテストと召喚獣 」(ファミ通文庫)  井上 堅二

バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)
(2007/01/29)
井上 堅二

商品詳細を見る



内容(「BOOK」データベースより)
「こんな教室は嫌じゃああっ!!」アホの明久は叫んだ。ここ文月学園では、進級テストの成績で厳しくクラス分けされる。秀才が集まるAクラスはリクライニングシートに冷暖房完備だが、彼のいる最低Fクラスの備品はボロい卓袱台と腐った畳だけ。明久は密かに憧れる健気な少女・瑞希の為、組代表の雄二をたきつけ対クラス戦争を始める。それは学園が開発した試験召喚獣を使い、上位の教室を奪うという危険な賭けだった!?第8回えんため大賞編集部特別賞受賞作。



タイトルに偽りなし。バカ!愛すべきバカ。
特に主人公の吉井明久のバカセンスは秀逸。
エッヂの効いたボケとウィットに富んだ切り返しは「コイツホントにバカなのか?」と思わせるほどだ。
最後のオチはアニメで先に見てしっていたのだが、知らなかったら爆笑必至だった。

あと「うん。このくらいならなんともいだぁつ!」等の普通に話していて急に殴られたりして痛がるセリフまわしが斬新。思わずどこかで使いたくなる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
読みたい本をサーチ!
あまぞんさんのオススメ
QRコード
QRコード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。