FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVD付特装版DVD付特装版"文学少女"見習いの、傷心。(ファミ通文庫)
(2009/12/26)
野村 美月

商品詳細を見る



内容紹介 (amazonより)
≪2010年劇場版アニメ化!で話題沸騰中!!≫
“文学少女”シリーズ最新刊『"文学少女"見習いの、傷心。』に、DVD付特装版が登場!
文学少女"×Production I.Gで贈る初映像が見られます!

~特装版内容~
★特装版オリジナル描き下ろしカバー付!
『"文学少女"見習いの、傷心。』
心葉に「君が嫌いだ」と言われてしまった菜乃。その日以来、心葉は本心を見せず、取り
繕った笑みで菜乃に接するようになってしまう。そんな心葉に対し、菜乃はあることを
申し出るが……。文学初心者の少女が、学び、成長しながら、人の心の闇と光を見つめて
いく――もうひとつの“文学少女”の物語、第2弾!
付録DVD
オリジナルアニメーション『"文学少女"の今日のおやつ ~はつ恋~』(10分)
スペシャルコンテンツ『劇場版"文学少女"プロモーションビデオ』
(アニメーション制作:Production I.G)



シリーズ最初の「“文学少女”と死にたがりの道化」のあとにシリーズ最新刊の本作を読んでしまったので、展開している話に浦島状態。まず、主人公だった遠子さんがどこかにいなくなってるし、心葉くんはやさぐれ気味だし、琴吹さんは心葉くんとつきあったものの短期間でフラれてるし、千愛ちゃんは黒さ全開だしで、「登場人物のみんなに一体、何があったのだ?」と読者ながらに心配になってしまった。ま、読み進んでいるうちに菜乃ちゃんが主人公であることにも慣れてきてどんどんと物語の世界に入り込んでしまったわけだが。

文学少女シリーズは女の子の登場人物が多いので、基本ほんわか甘めの物語展開なのだが、それだけ個人の闇の部分がクローズアップされるとそのギャップにゾクリとさせられる。熱血変態男子校育ちの僕には出せない雰囲気だ。謎解きの要素は「死にたがり~」と同じ感じで正直「なるほどなぁ」程度だったのだが、エピローグの最後の最後で「なんじゃこりゃ!?」なシーンが出てきて理解不能に陥った。気になって次巻もかわねばという気持ちにさせる罠にまんまとハマったようだ。あと、心葉先輩ツンデレすぎじゃないか? 男なら菜乃ちゃんの気持ちに応えてあげるべきだ! と全裸にネクタイ、ニーソックスという正装で思ってみたりした。

あと特典のDVDは花澤香菜ちゃんの声にキュンキュンなって萌え死ねばいいよ! 的な出来でした。
映画楽しみだなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
読みたい本をサーチ!
あまぞんさんのオススメ
QRコード
QRコード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。